pd style すべての人に優しい診療環境を実現する

歯科診療に最適な姿勢 無理のない姿勢で実践している歯科診療とは

極度に精密な指先のコントロールが必要とされる歯科診療は、座位で行うことが好ましいといえます。体のひねりや斜頚のない状態が人間にとって一番精密かつ正確に指先をコントロールすることができ、長時間の作業に対しても疲労が少なく、持続性があります。