pd style すべての人に優しい診療環境を実現する

日本顕微鏡歯科学会第13回学術大会

こんにちは!園田香織です。
4月23日(土)・24日(日)ニューオータニイン札幌において、『日本顕微鏡歯科学会第13回学術大会』が開催されました。

pd診療とマイクロスコープの親和性は、既に多くの先生に周知されている現状ですが、顕微鏡歯科学会で、pdを実践されている先生に『どのように実践すればよいのか?』と言う事をご発表いただく事で、pd診療のさらなる普及につながりました。

まず、先陣をきって、明石市でご開業の徳田進之介先生より、『コンポジットレジン修復におけるマイクロスコープ活用のための必要条件とその有用性』と言う演題で一般講演を行っていただきました。

どうすればミラーワークによって3 次元的な形態の把握が可能となるのか、どうすればミクロとマクロの視野を素早く切り替えられるかについて具体的に考察して発表してくださいました。
マイクロスコープの使用によってどのようなメリットがあるのかも臨床例を通して発表していただきました。

次に、西宮市でご開業の淵上了介先生より、テーブルクリニックにおいて、『システマティックなミラーユースによる下顎歯の治療についての考察』と言う演題で、ご講演いただきました。

また、磯崎先生によるデモンストレーションでは、下顎では上顎に比べ、ミラーを使用して治療することは困難と一般的に考えられているが、術者のポジション・患者の頭部の傾き・開口度・顕微鏡とミラーの位置関係などがシステマティックに決定されていれば習得する時間を大幅に削減できる事を実演していただきました。
講演は2回行われましたが、どちらも立ち見の先生があふれるくらい、大きな反響をいただきました。

シンポジウムでは、『マイスタイル顕微鏡』という演題で

三橋純先生(日本顕微鏡歯科学会副会長、デンタルみつはし)
松本邦夫先生(松本歯科医院)
磯崎裕騎先生(医療法人社団 愛歯会いそざき歯科)

により、普段使われているマイクロスコープ・診療姿勢や、ポジション等を具体的に説明いただき、デモンストレーションが行われました。
普段お使いのマイクロスコープで、環境・姿勢などをデモンストレーションされていたので、その場で比較検討が行え、先生方の注目を集めておられました。

このように学会の中で、色々なメーカーのマイクロスコープが集められ、同じ壇上で一斉に比較できる事はこれまでなかったと記憶しています。
そのような意味でも、画期的なシンポジウムでした。